カーシェアの旅 〜スタッフ タナカ 美瑛・富良野編〜 | UNTAPPED HOSTEL-アンタップトホステル-
MENU

NEWS/お知らせNEWS/お知らせ

2018.02.16 Fri

カーシェアの旅 〜スタッフ タナカ 美瑛・富良野編〜

一月某日朝、ホステルの前には手配してくれたMOVEが。

早速シェアカーのイイところその❶!

事前予約をすれば、ホステルの前までお届けしてくれます。

これで出発前の記念撮影も余裕を持って出来ます。

-パシャ

ということで今回のメンバー紹介。

左から

台湾からのヘルパー づっちゃん。

担当は車内DJ。

チェンマイからのゲスト クック。

今回の旅の発起人でもあり、カメラ担当であります。

そしてこの記事を書いている、当ホステルスタッフのタナカと申します。

二人は運転が出来ないので、運転担当です。

いざ出発!(12:00)

……。

いただきま〜す。(12:30)

十勝岳の温泉に行くというゴールしか決めていなかったので、まずは相談。

江別にある「花あかり」さんにて、江別小麦のうどんを食します。

美味しかったです。
そしてみなさんご存知

美瑛の青い池に向かうことに。

改めて出発!

今回、写真担当のクックは年間平均気温26.5℃のチェンマイっ子。

天気はあいにくですが

こんな景色を沢山撮っていました。

雪に馴染みのない彼からすると、道中の景色は最高に’HOKKAIDO’みたいですね。

撮りすぎってくらい撮っていました。

-15:30

そして想像以上に遅れてる焦りを見て見ぬ振りをしつつ、ちょっと道草。

富良野市内にあるパン屋「Sora no kujira」さんです。

ここは

僕の親戚ご夫婦が営むお店です。

クリームチーズ入りのあんぱんなど、近くにあったら通いたくなる個性的品揃え。

美味いっす。

みなさん富良野へお越しの際は食べてみてください。(直球)

そしてこれから青い池と十勝岳温泉に行くと伝えた時の「え、今から?」という言葉をよそに、青い池へ向かいます。

だんだん日は暮れ…

着いた頃には没していました。

そして辿り着いた青い池がコチラ!

…。


…えっ。

なるほど〜。
この雪の下にあの青い池があるのか〜。
青い池がこうなってるのが見られるって逆にレアだよね〜。

…こういった切り替えのスイッチも旅で養われるものですね。

一応チーズ!

…もはやみんな写る気もないですね。

日没後-ライトアップ前という絶妙なタイミングでしたが

この日イチの笑いをいただいたので、まぁこれはこれで良しとしましょう。

そして即出発。※滞在時間約5分

いよいよ夜です。

吹雪。

冷えてきたし…。

運転危ないし…。

青い池は白い雪だし…。

…。

青い池のすぐ近くに温泉発見!やっぴー!

計画通りも良いけど、行き当たりばったりが旅の醍醐味だよね!

疲れた身体もここで完全復活。

ちょっとした命の危険を感じるレベルの吹雪の中の露天風呂は本当に最高です。

※実は元々目当てだった温泉は、近い道が山道のため冬季封鎖。

北海道あるあるみたいなので、事前に要チェックですね。

そんなこんなで、本日のお宿「夕茜舎 あかねやど」さんに到着。

すでに周りは真っ暗ですが、窓からもれる灯かりがなんとも安らぎます。

オーナ同士が実は知り合いだったとも発覚。

こうゆうことも旅のたのしみですね。

暖かい灯かりと優しいオーナーさんに迎えられ、このままゆっくりしちゃいたいところですが…

車で30分の「くまげら」さんにて晩ごはんでございます。

カンパイ!(一人でお茶 泣)

こちらはかなりの有名店らしく、すごい活気。

世界中の言葉が飛び交っていました。

…個人的には

隣の席の人達がすき焼きを焦がしながら、NEW STYLEで食べていたのがツボでした。

(焦げた匂いに気付いた店員さんが爆笑して止めに来ました。)

※隠し撮り

僕らはくまげら名物 鹿肉と鴨肉の山賊鍋。

濃い味噌味が疲れた身体に沁みて最高です。

今日1日の反省と笑いを肴に、ごちそうさまでした。(主に某池の話)

最後は外の雪に突っ込む、北国スタイルで冷やしたアイスを食べて

就寝(25:00)

と、思ったのも束の間…

起床(5:30)

今回は24時間レンタルなので、すぐに札幌を目指します。

…の前に、朝6:00のショップカード交換会。
ちょっとだけオーナーさんとお話しする時間がありました。

皆さまよろしくおねがいしまーす!

右-夕茜舎
左-UNTAPPED HOSTEL

短い滞在でしたが、暖かい時間をありがとうございましたm(__)m

帰りは日の出と共に出発!

素晴らしい景色!

帰りたくないよ〜、と3人。

そうそう、最後は忘れずガソリン満タンに。
顔は特に意味はありません。

それから運転すること約5時間…。


べぶらっ。

この日札幌はすごい大雪でしたが、なんとかホステルに到着。

道産子の僕も、久々に北海道を楽しんだ気がしました。

カーシェアは返却もホステル前に停めればOK!

分かってはいましたが、時間が限られている中でこれはかなり助かりました。

トラブルもなく、無事到着。
これにて弾丸カーシェアトリップタナカ編、おしまいです。

こんなに盛りだくさんでも、MOVE 24h だと¥2,500+保険料¥1,000!

びっくりですね。

皆さまもカーシェアでオリジナルの北海道旅をお楽しみください!

※こっそりスリップもスタックもしました。特に雪道は安全運転に細心のご注意を!

(今度はもう一人運転できる人と行きたい…)

タナカ